一度に詰め込むよりも継続を

まずは基本の単語を習得する

これまで学校の英語の授業で習ってきた語彙の数としては、中学までで約900、高校で約2000、合計すると約3000ということになります。

ビジネスで履歴書に英語力として記載できるのは語彙力として3000語以上の実力を持っていることが条件となっています。
これはTOIECで600点、英検2級レベルの語彙力です。
ネイティブの中学生の場合、語彙力はおよそ20000といわれています。
これに比べては数が1/6以下ではありますが、まずは3000の単語および英熟語を習得することを目的として掲げます。
英単語、英熟語をまとめた大抵のテキストは2500~3000ほどの語彙を習得することを目的としたものです。
まずは1冊覚える気持ちでスタートします。
暗記する際、目だけではなく、口や耳を総動員して文字絵通り体に刻み込む勢いで行うと良いでしょう。

単語の次は例文を習得する

英単語、英熟語の暗記が半分くらい進んだら、並行して例文の暗記にも力を入れると、暗記しているボギャブラリーの中で、単語の置き換えなどがスムーズにできるようになります。
単語と一緒に例文が掲載されているテキストもありますが、よく使われる文法をマスターできるタイプの方が効率的です。
大抵のテキストは良くあるシチュエーションに即した形でまとめてられているので、1チャプターずつ完成させていきます。
順番に固執する事は必要なく、よく出くわすシチュエーションを選んで進めて行ってかまいません。
この段階で選ぶテキストもCDなどの音声付きが望ましいです。
テキストの例文を暗記する際は音声を活用し、読む、聞く、音読する、を繰り返し、例えば日本語の音声が出たらすぐ英語が出てくる位になっているのが望ましいです。
こちらも単語の習得と同様に半分くらい進んだらいよいよネイティブとの会話に挑戦していきましょう。


この記事をシェアする